水漏れの発見と修繕
ご家庭、事務所で出来る水漏れの予防と対応
ご家庭のトイレやバス、キッチンの詰まりはお任せください
毎日使うご家庭やオフィスの水漏れ

水漏れは早期発見・早期修繕が大事!

 

水漏れに気がつかずにいると、貴重な水が無駄になるだけでなく料金が高額になります。 そんなトラブルを防ぐためにチェック事項をまとめました。

 

 

 

水漏れチェック項目と予防

点検場所 症状 防止方法
水道蛇口 蛇口から水がぼたぼた出ている。 蛇口が閉まりにくい時は無理に閉めずにすぐ修理
水洗トイレ 未使用のときに水が流れている 使用前に水が流れていないかチェック

(配管部分)

壁等が濡れている 配管部分が水漏れしていないかチェック

地表

(配管部分)

地面が湿っている 発見し易いよう水道管の周囲に物を置かない
受水タンク 未使用の際もポンプのモーターが動いている

タンクから席の配管等で漏水がないか点検する

下水

マンホール

いつも奇麗な水が流れている

マンホールの蓋を時々あけてチェック

水漏れをメータで発見する

水道を利用していない時間にパイロット(水道メーターの、水が流れている事を表している部分)が回転している時はメータから蛇口までのどこかで水が漏れています。 水道メーターを時々チェックしましょう。

水洗トイレロータンクの構造
タンクの内部 断面図

ご家庭の水洗トイレ 水ボールタップの浮き球

自宅の水洗トイレから水が止まらない場合、タンクの蓋を開けて内部の状態を確認しましょう。

左図のようにオーバーフロー管へ水が流れている場合

ポールタッブの浮き球を持ち上げてみます。

  1. 水が止まった→原因はボールタッブの止水栓の調整に問題があり。パッキンの不良等も考えられる。
  2. 水が止まらない→原因はボールタップのゴミ詰まり、パッキンの不良など

 

右図のようにオーバーフロー管の先端より下に水面がある場合

  1. フロートバルブの鎖がからまっている
  2. フロートバルブが外れている
水洗トイレロータンクの構造
水洗トイレロータンクの構造

水洗トイレ(ロータンク式)の漏水

止まらないときの応急措置として止水栓をマイナスドライバー等で閉めて下さい。

止水栓はタンクに直接繋がっている金属製の管です。(右図参照)


水道管も冬仕様で

冬に寒さのため気温が低下すると屋外にある水道管は中の水が凍結し断水したり管が破損する事があります。水道管も防寒対策を行ってください。

ご家庭などで対応出来る防寒対策は水道管が直接外気に触れないよう保温材を巻き付けてその上からヒモでしばって固定して保温材が濡れないようにビニールテープ等で下からすきまなく重ねていきます。

保温材は市販の物の他毛布や発泡スチロールで代用も可能です。

スマートフォンでのフリーダイヤルtel:05020180049

出張/技術料金について
作業のご依頼内容により別途各種作業料金・特殊技術料金・部品代等が加算されます。

基本料金には出張費用・15分程度の作業が含まれています。
基本料金+追加料金(詳しくはこちら)
-------------------------------------------------------------------------------
レスサポ24は皆様に安心して頂けるようオペレーターが適正料金をご案内させて頂いてます。

しかしながら現場の状況や天候、現場の状況により上記料金よりも変動する場合がございます。

また、作業ご依頼後のキャンセルにつきましては、現場到着前であっても、一律基本料金が発生します。技術者とサービスの向上を維持するためにご理解いただきますようお願いいたします。
【9:00-19:00 8,000円】【19:01-23:59 10,000円】【00:00-08:59 12,000円】